自宅マンションをリロケーションする方法について

自宅マンションをリロケーションする方法について紹介します
未分類

マンションリロケーションはお得

17年3月1日

赴任や転勤で自宅マンションなどを留守にする場合、残された物件をどうするかという選択肢は、これまでそのまま空き家にしておくか、売却してしまうしかありませんでした。しかし、リロケーションという選択肢が生まれたことにより、それまでにはない、留守の間に物件を賃貸に出し、家賃収入を得るという事が可能になりました。

しかし、マンションを賃貸に出すと、事業者として家賃収入が必要になったり、管理や修繕費用にお金がかかったりなど、時間と費用が必要になる場合があります。賃貸と売却、どちらがお得なのでしょうか。賃貸に出す場合は、修繕費や管理費がかかるというデメリット以外に、確定申告が必要になります。しかし、資産としてマンションや一軒家を持ち続け、継続的に家賃収入が入ってくるのは大きな魅力です。

マンションなどをリロケーションに出すのではなく賃貸を選んだ場合、一時的にお金は手に入りますが、資産は失ってしまいます。また、売却時のタイミングによっては、残った住宅ローンを自分で補てんしなくてはならなくなるほか、家を空けてしまうまでになるべく早く手放す必要があるため、安い価格で売却をしなくてはいけなくなります。そのため、長い目で見ると、マンションなどはリロケーションに出す方がお得なのです。