自宅マンションをリロケーションする方法について

自宅マンションをリロケーションする方法について紹介します
未分類

注目のマンションリロケーション

17年2月28日

リロケーション物件は、最近非常に注目されています。リロケーションとは、転勤や海外赴任の際に長期間留守になってしまう物件を賃貸に出すという事です。転勤や赴任の間に期間を限定して賃貸契約を結ぶことによって、家賃収入を得て、無駄をなくすことができます。特に、自宅マンションや一軒家を持っている人は、赴任や転勤でもなかなか家を手放すことは難しいため、リロケーションを利用するのは大変便利な方法です。

リロケーションを行う際は、リロケーション管理会社に委託するのが一般的です。管理業務をすべて請け負ってくれるため、貸主の負担はほとんどありません。リロケーション会社を選ぶときは、とにかく信頼感が第一です。自分が赴任や転勤で近くにいない分、物件の管理は全てリロケーション会社が行います。また、普通の賃貸物件と違い、リロケーション物件は数年後に自分が戻ってくるわけですから、物件の状態を綺麗に保ってくれる、よい借り手を選ぶことがとても大切です。自宅をリロケーションに出す場合は、家賃の高さよりも、丁寧に使ってくれる良い借り手を探してくれる管理会社を見つけましょう。

家を賃貸に出すとさまざまなリスクがつきものだと考えがちですが、良いリロケーション会社さえ選べば、転勤や赴任の間、ただ眠っているだけの自宅が大きな価値を生み出します。特に、自宅のローンが残っている方にとっては、少しでも家賃収入が期待できるリロケーションは大きな魅力でしょう。注目のリロケーションについての知識をご紹介します。