自宅マンションをリロケーションする方法について

自宅マンションをリロケーションする方法について紹介します
未分類

マンション賃貸の相場と流れ

17年3月3日

実際に自分のマンションや持ち家をリロケーションに出す場合は、急な転勤などによって決まる場合が多いです。そのため、転勤や赴任が決まったら、できる限り早くリロケーション会社を探して、借主を探す必要があります。もしも事前に転勤や赴任がわかっているなら、3ヶ月以上は余裕を持って探すのがおすすめです。

リロケーションで最も難しいのは、信頼できる良い入居者を見つけることです。焦って適当なリロケーション会社にお願いしてしまったり、入居者をしっかり選ばなかったりすると、後悔する事になります。短い期間に選ぶのはなかなか難しいですが、この部分に関しては妥協しないようにしましょう。

また、リロケーションを行う際は、いくつかの費用が掛かります。たとえば、入居者を募集する際に、管理委託申込料といって、一万円程度の費用が発生します。この管理委託手数料に関しては、業務を始める際の着手金のようなものと考えていいでしょう。最近では管理委託手数料を無料にしているリロケーション会社も増えてきました。そのほか、事務手数料や保証金がかかります。それぞれ賃料の一ヶ月程度が相場です。また、毎月の管理手数料が賃料の10%程度かかります。これ以外にも、突然のトラブルによる補修費用など、突発的な出費もあるため、リロケーション物件の家賃を決める際には、慎重に金額を決めて、損しないようにすることが大切です。