自宅マンションをリロケーションする方法について

自宅マンションをリロケーションする方法について紹介します
未分類

マンションリロケーションの注意

17年3月2日

リロケーション物件は基本的に、貸主が家を空けている期間が契約期間です。予定を決めて、その間だけ貸すという契約を結びますが、時には予定が変わってしまい、貸主が早く帰ってきてしまうという可能性があります。その場合は、リロケーション物件の入居者にすぐに立ち退いてもらえるかというと、なかなかそう簡単にはいきません。

予定が変わって早く帰ってきてしまったとしても、契約期間が残っている以上、住む権利は借主にあります。そのため、交渉して部屋を明け渡してもらえれば問題ありませんが、そうでなければ、自分で契約期間満了まで住む場所を探さなくてはいけません。そうなってしまうと、リロケーション物件のローンと、賃貸物件の家賃の両方を支払わなくてはならないという事態も発生する可能性があり、貸主にとっては大きな痛手です。

リロケーション物件というのは、期間限定で貸すというデメリットがあるため、家賃は普通の賃貸よりも多少安く設定するのが一般的です。そのため、自分が損をしないためにも、契約期間についての話し合いは事前にしっかりと貸主側と相談しておくのが大切です。こうした突然のトラブルに関する相談も、リロケーション会社に間に入ってもらうことのできる、信頼のおける会社を選ぶようにしましょう。