未分類

マンション賃貸の相場と流れ

By on 17年3月3日

実際に自分のマンションや持ち家をリロケーションに出す場合は、急な転勤などによって決まる場合が多いです。そのため、転勤や赴任が決まったら、できる限り早くリロケーション会社を探して、借主を探す必要があります。もしも事前に転勤や赴任がわかっているなら、3ヶ月以上は余裕を持って探すのがおすすめです。

リロケーションで最も難しいのは、信頼できる良い入居者を見つけることです。焦って適当なリロケーション会社にお願いしてしまったり、入居者をしっかり選ばなかったりすると、後悔する事になります。短い期間に選ぶのはなかなか難しいですが、この部分に関しては妥協しないようにしましょう。

また、リロケーションを行う際は、いくつかの費用が掛かります。たとえば、入居者を募集する際に、管理委託申込料といって、一万円程度の費用が発生します。この管理委託手数料に関しては、業務を始める際の着手金のようなものと考えていいでしょう。最近では管理委託手数料を無料にしているリロケーション会社も増えてきました。そのほか、事務手数料や保証金がかかります。それぞれ賃料の一ヶ月程度が相場です。また、毎月の管理手数料が賃料の10%程度かかります。これ以外にも、突然のトラブルによる補修費用など、突発的な出費もあるため、リロケーション物件の家賃を決める際には、慎重に金額を決めて、損しないようにすることが大切です。

未分類

マンションリロケーションの注意

By on 17年3月2日

リロケーション物件は基本的に、貸主が家を空けている期間が契約期間です。予定を決めて、その間だけ貸すという契約を結びますが、時には予定が変わってしまい、貸主が早く帰ってきてしまうという可能性があります。その場合は、リロケーション物件の入居者にすぐに立ち退いてもらえるかというと、なかなかそう簡単にはいきません。

予定が変わって早く帰ってきてしまったとしても、契約期間が残っている以上、住む権利は借主にあります。そのため、交渉して部屋を明け渡してもらえれば問題ありませんが、そうでなければ、自分で契約期間満了まで住む場所を探さなくてはいけません。そうなってしまうと、リロケーション物件のローンと、賃貸物件の家賃の両方を支払わなくてはならないという事態も発生する可能性があり、貸主にとっては大きな痛手です。

リロケーション物件というのは、期間限定で貸すというデメリットがあるため、家賃は普通の賃貸よりも多少安く設定するのが一般的です。そのため、自分が損をしないためにも、契約期間についての話し合いは事前にしっかりと貸主側と相談しておくのが大切です。こうした突然のトラブルに関する相談も、リロケーション会社に間に入ってもらうことのできる、信頼のおける会社を選ぶようにしましょう。

未分類

マンションリロケーションはお得

By on 17年3月1日

赴任や転勤で自宅マンションなどを留守にする場合、残された物件をどうするかという選択肢は、これまでそのまま空き家にしておくか、売却してしまうしかありませんでした。しかし、リロケーションという選択肢が生まれたことにより、それまでにはない、留守の間に物件を賃貸に出し、家賃収入を得るという事が可能になりました。

しかし、マンションを賃貸に出すと、事業者として家賃収入が必要になったり、管理や修繕費用にお金がかかったりなど、時間と費用が必要になる場合があります。賃貸と売却、どちらがお得なのでしょうか。賃貸に出す場合は、修繕費や管理費がかかるというデメリット以外に、確定申告が必要になります。しかし、資産としてマンションや一軒家を持ち続け、継続的に家賃収入が入ってくるのは大きな魅力です。

マンションなどをリロケーションに出すのではなく賃貸を選んだ場合、一時的にお金は手に入りますが、資産は失ってしまいます。また、売却時のタイミングによっては、残った住宅ローンを自分で補てんしなくてはならなくなるほか、家を空けてしまうまでになるべく早く手放す必要があるため、安い価格で売却をしなくてはいけなくなります。そのため、長い目で見ると、マンションなどはリロケーションに出す方がお得なのです。